HPシステム

軸組み工法(伝統)と、パネル工法(最新技術)を融合した、高精度・高強度住宅

HPシステムの基本は、日本の在来工法とパネル工法の融合です。

q1_photo1 q1_photo41

伝統的な在来工法は、四季の移ろい豊かな日本の気候風土や生活習慣に適応しながら、さらに長い歴史の中で高められてきた建築様式です。

柱と梁の構造は、適度な通気性によって木を長持ちさせ、建て方次第で百年、あるいは、それ以上の耐久性をも発揮できます。

HPシステム【Human Protect】は、この在来工法の利点を活かしつつ、さらにパネル工法の強度と優れた断熱性を融合し、現代のライフスタイルに対応する、新たな日本の住まいの標準です。

※HPパネル「Human Protect」:人を守るという意味をこめたこのパネルは、高性能断熱材(厚さ50mm)と遮熱効果のあるアルミ箔を断熱材として採用し、さらに構造用の面材を一体化させた次世代省エネパネルです。

HPシステムで建築した住宅は、住まいの空気をコントロールし、夏は木陰のような、冬には陽だまりのような、快適な住空間を提供します。

結露を防ぐため、床・壁に、発砲系断熱材を使います

一般住宅でよく使用されるグラスウールは、きっちり隙間無く施工できたとしても水分を吸収しやすい素材の為、壁内結露の心配は避けられません。

HPシステムの断熱材は、吸水性のない発泡プラスチック系断熱材の高断熱パネルを使用。これは現場での断熱材施工がいりません。

さらに、通気層と合わせて空気の流れを作り、木を呼吸させ、大切な住まいを長持ちさせます。

一番身近な環境問題をクリアしつつ、いつまでも健康的で明るく、のびやかに家族が過ごすためのお手伝いをする。それがHPシステムの家なのです。

高気密・高断熱の省エネ住宅なので、冬も夏も快適です

体に優しいつくりだから、室内温度において上下温度差は3℃以下を実現、このため家全体の温度が均一になり、光熱費にかかるコストも軽減され、快適性と省エネ性を手に入れることができます。

遮音効果も優れているため、外からの音も気になりません。

http://www.hp-system.jp/hpsystem/index.html

日本古来から愛されてきた木材 ~木と人のいい関係~

木は呼吸する

木の住み心地が良いのは、調湿作用があるからだといわれています。
特に高温多湿の夏や、乾燥する冬に効果を発揮し、部屋の湿度を適度に保って快適な環境を創り出します。

木の香り

木の香りは、疲労回復やストレスの緩和などリフレッシュ効果を促進すると言われています。
血圧を下げたり、脈拍の乱れを減少させるといった効果も期待できます。
また、香りの中にはダニを死滅させる効果があります。

木の殺菌効果

木は、カビの原因となる室内の湿度を調整し、発生を防止します。
さらに、木に含まれている精油成分は細菌に強く、ダニの抑制効果があります。
また、木の家はインフルエンザの発生率が低いという調査結果もでています。

木は耳にも心地よい

最近では、コンサートホールなどにもたくさんの木が使われています。
それは、木が高温・中温・低音をバランス良く吸収し、ほどよい残響音を残してくれるからです。
音が聞きやすく、まろやかになります。

木は温かい

木を触ったときに温かく感じるのは、木が私たちの体温を急激に奪わないからです。
スギのように比重が小さいほど、また厚みがあるほど温かく感じます。

木の質感

木の床は、適度な硬さと弾力性があり、足に負担をかけない優しい素材です。
家の中を素足で歩き回れる快適さは、乳幼児やお年寄りにも最適です。

    Copyright© 2009-2013 サクタ工務店 All Rights Reserved. supporting by 職人の価値を伝えて経営を支援する ヒットアシスト.